本文へ移動

独りで生きることは

誰も頼らず一人で生きることは・・・

1.お金持ちは「ぼっち」を恐れない?

成功者は自分の価値観に忠実
「成功」のひとつの在り方に「自由」があると思います。
たとえばどんなにお金があっても、毎日深夜遅くまで過労死寸前になりながら働いている状態は、多くの人にとって望ましい
状態ではないでしょう。
では自由とは何か。
それは何からも誰からも制約を受けず、自分の意のままに生きることと言えます。
何かの制度や仕組み、あるいは誰か他人に縛られてがんじがらめになっている状態より、自分の好きなように生きるほうが楽しい、自分らしく生きられるとしたら、それもひとつの成功です。そして、そんな自由を得たいならば、そこには必ず孤独がつきまといます。
「ひとりでいることは寂しいからいやだ」と無理やり誰かと一緒にいようとする.どこかのグループや集団に所属しようとする。週末の予定が真っ白だと不安になる。自分を曲げて、あるいは自分の本心を抑え込んでまで周りに合わせることは、自分の人生を他人に侵食されることにほかなりません。

【自律していない人ほど周囲を気にする】
「ひとりでいることは寂しいからいやだ」と無理やり誰かと一緒にいようとする。
どこかのグループや集団に所属しょうとする。週末の予定が真っ白だと不安になる。自分を曲げて、あるいは自分の本心を抑え込んでまで周りに合わせることは、自分の人生を他人に侵食されることにほかなりません。
それに周囲の目を過剰に気にして生きることは、他人の価値観で生きてることでsり、自律していないことを意味します。
「インスタ映え」というのも、周囲から
どう見られるかを気にしている人が多いという事。

しかし世の中の大部分は、「孤独なのは、寂しい」「ぼっちはみじめだ。」という価値観ではないでしょうか。
たとえば、ランチメイト症候群や便所飯という言葉が話題になるほど、多くの人はひとりで食事をするのを恐れます。いえ、
実際にはひとりで食事をしているところを見られることを恐れているのです。それはなぜかと言うと自分の中に「孤独なのはみじめだ、ひとりは寂しい」という思い込みがあるため、「自分は友達のいない寂しい人間なんだと思われているんじゃないか」という妄想に恐れているからです。孤独死というものも、生きている周りの人間が勝手に「かわいそう」「みじめ」などと言っているだけ。本人は満足して死んだのかもしれないのに、本人の心情を知ることができない外野があれこれ講釈するのはナンセンスなはずですが、逆にそれくらい孤独を恐怖と感じている人がおおいということなのでしょう。



 
 
  
  

2.成功者の考えは、「孤独=自由」

 孤独死というものも、生きている周りの人間が勝手に「かわいそう」「みじめ」などと言ってるだけ。本人は満足して死んだのかもしれないのに、本人の心情をしることはできない。
外野があれこれと講釈するのはナンセンスなはずですが、
逆にこれくらい孤独を恐怖と感じている人が多いということなのでしょう。
 そもそも「ひとりでは生きていけない」というのは錯覚です。
赤ちゃんや子供はひとりでは生きられませんが、大人になればどうでしょうか。仕事を持っていれば、家賃を払って住む場所を確保できる。コンビに行けば食べ物も手に入る。ケガをして働けなくなっても医療保険や収入保障保険に入っていれば困ることはない。ひとりで起きられるし、ひとりで着替えることもできる。ひとりでお風呂にも入れるし食事もできるでよう。
仕事はひとりではなくチームや組織、あるいは取引先があるわけですが、求められる成果を出せば問題ないはずで、職場に苦手な人がいるなら仕事に必要な会話だけをすればよいだけ。
特に濃厚なつきあいが求められてるわけではありません。
つまり実際にはひとりでも生きているわけで、孤独を恐れる必要はないことが分かります。
 
 たとえば田舎の集落で暮らせば、地元の人間関係や風習にある程度に従わなくてはなりません。地域の行事にもボランティアで強制参加を強いられます。その代わり、農作物を融通し合ったり互助的な生活が遅れます。一方、都会ではそのようなしがらみはほとんどなく、賃貸マンションや賃貸アパートに住んでいれば、隣の人を知らないし知る機会すらない人も少なくない。風習や習慣も地元行事も少ない。だから誰にも縛られない。これは自由です。しかし、その裏返しに、アパートの一室でひとりぼっち、などという状況に直面する。
 

3.自由の先にある有益な人間関係と成功

孤独を受け入れずして自由を得ることはできません。逆に孤独を避けようとするほど、つきあう人が増え、他人にあわせなければならず、自由もあきらめなくてはなりません。とはいえこれは、対人関係を避けて自ら孤立するような、自閉的な生き方を意味するわけではありません。すると自分の個性に合わない人たちは離れていく一方、価値観が合う人、自分の存在を認めてくれる人だけが残ります。その人たちとは自然体で接することができますから、必要のない気づかいで疲弊することから解放されます。

その結果、自分を飾らず偽らずにつきあえる人間関係のみが残るから、人付き合いと自由を両立させることからができるのです。つまり、「最悪ひとりでも大丈夫」と思える強さは、過剰に人間関係に気を使って疲弊したり思い詰めたりしなくて済むよう、人間関係を取捨選択できる勇気になるのです。このように、自分の価値判断を信頼し自分らしく生きることは、お金に換算できない成功のひとつの要素といえるでしょう。

 出典)「孤独を楽しむ力」(日本実業出版社)

 独りで現実に生きることは可能ですが、社会の仕組みの中では一人がとても困る場面が突然起こります。
それは施設などの入居、病院の入院などでは身元保証人、手術などの場合は立会人、医療方針の承諾書を書く人を要求されます。待機施設に入居された場合にこれからのどういう施設を望むかと2ヶ月に1度必ず、関係者で方針会議があります。そのような人が存在しない場合は、入院、入居、手術は認められません。入院も入居も手術もできません。これが現実です。この現実を知り、信頼できる家族、他人、法人がいない方は、しっかりと将来のことを考えなくてはいけません。
まだ若いからと健康だからと考える方も、信頼できる存在がいない方は真剣に明日のあなたを、一度真剣に考えてみてください。
 
 会員登録して気楽にお話しませんか。登録は無料です。








入居中の注意点

各種手続き
家賃 未納や支払期日が遅れると遅延損害金が発生し、契約が解除になる場合があります。
契約内容の変更 契約事項の変更が発生したら必ず連絡しましょう。
町内会・自治会 加入が義務付けられている場合は必ず入会しましょう。
会費の納入や回覧板手配等を忘れずに。
生活全般 駐車場・駐輪場 指定された場所に駐車します。自転車はカギかけを忘れずに。
違法駐車や無断駐車は救急車両などの通行を妨げます。
共用部分廊下、玄関ホール、ベランダ等は全居住者の共用部分です。
私物やゴミ等を放置すると迷惑をかけるとともに、災害時には避難の妨げになります。
ゴミ出し地域で分類・回収方法が異なります。ルールを守りましょう。
ペットペットは、許可されている場合以外は飼育できません。
許可されている場合でも、ルールを守り、ご近所の方の迷惑にならないようにしましょう。
騒音昼間は気にならない音や振動(トイレ・お風呂の排水・掃除機・ドアの開閉・階段の利用等)でも、深夜・早朝にはご近所の迷惑になります。
また楽器等の演奏は、契約で使用を許可されている場合以外はできません。
●ルールを守りましょう
●地域との交流も大切に
●健やかな暮らしのために

契約の更新と解約

更新時のご注意
解約時のご注意
室内の点検

退去時の注意点

退去時は以下の点に注意しましょう。

●公共料金の退去検針
引越しが決まったら各担当営業所に連絡し、退去日までの料金を精算します。お客様情報が記載されている領収書等を準備しておきましょう。
 
●清掃や荷物の確認
退去の際は、清掃をしっかり行い、荷物の置き忘れに注意しましょう。万一不要品が残っていたり、清掃が不十分だったりした場合は、別途処理費用や、ゴミが残っていた日数分の賃料を請求される場合があります。
 
●鍵の返却
鍵は、すべて返却します。コピーをしたものがあれば、渡して処分してもらいます。紛失した場合は鍵一式を新調することになり、その実費を請求されることがあります。
 
●郵便局への転居届
お近くの郵便局に転居届を提出しましょう。旧住所宛ての郵便物は1年間に限り新住所に転送されます。
 
●契約している配達物
新聞等の配達物を契約していたら、停止する旨連絡をしましょう。
 
●転居の手続き
転居届を市区町村の役所に提出してください。
 会員申込みはこちら
TEL. 090-8831-6471
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る